消費者ローンで審査が甘い

スピーディーな即日融資

スピーディーに決裁するために、各消費者金融はあなたの個人情報や信用情報に対してスコアリング(点数化)しています。人の判断がほとんど入らず、システマチックに裁決するため即日融資も可能なのです。これから紹介する消費者金融が、一概にもそうだと言っているわけではないのですが… ただ…闇金融業者は当然、違法な金利を要求します。借りに消費者が難波金融伝・ミナミの帝王で有名な「トイチ」(10日で1割)でお金を借りた場合、返済のほとんどが金利のみといった額になってしまいます。即日融資など、大手もやっていて利用者のニーズがあるサービスには対応しながら、大手がやっていない所で勝負するしかないのです。

その理由は、貸金業法の改正による、総量規制及び上限金利の引下げです。スコアリングを他社よりも甘めにして(つまり審査を甘くして)、高い見返りを得る、という会社も当然あります。そういう所は金利が高めです。ただし、これにも限界があります。逆に言うと、総量規制にかからないのであれば審査に通る可能性は高いとも言えます。そのような方は、中小の消費者金融の審査にも通りません。

自己破産や債務整理された方もご相談下さい。この点に関して、私の経験からくる雑感を最後に少し書きましたが、いずれにしろ、大手消費者金融の審査にこだわるべき理由がここにあるわけです。念のため、公式サイトに飛んだら、URLに「alcosystem.co.jp」が含まれていることを確認できたら間違いありませんし、当サイトのリンクから飛んで頂ければ問題ないです。とは言っても、どこの消費者金融会社を利用すべきかは、何を重視するかによってかなり違ってきます。つまり利用者の条件によって変わってくるのです。ホームページ内に「簡易診断」を用意している消費者金融もあります。わずか3~4項目ですぐに診断結果が分かるのですが(もちろん簡易的なもので申し込みにはなりませので試してみて下さい)、どの診断であっても現在の借入金額と年収の入力は必要です。としています。女性の方はレディースキャッシングの方を利用してみて下さい。

まとめローンの場合

大手とは違う戦略をとっているのは明らかです。貸付利率(実質年率)消費者金融にて他社でのお借入れが 4社以内 の方が対象ここで見るべきは上限金利です。下限金利は意味がほとんどありません。なので上限金利のみをピックアップします。総量規制の枠を超えてしまうようなら、どこの消費者金融でも借りることは出来ません。(ただし、おまとめローンの場合で金利的に利用者が得をするようであれば総量規制の例外規定となります。)各社の借入診断を試す前に、あなたに相応しい消費者金融がどこなのかを絞ることがファーストステップかもしれません。

大手消費者金融の借り入れ診断特に、総量規制が施行された2010年からはこの規制にかかって借りることが出来ないという方の割合が増えました。なので、大手で借りようがそうでない所で借りようがと明記しています。総量規制の枠は問題ないのだけれど、その他が不安…、という方は、次の説明に該当する消費者金融を検討してみて下さい。審査に落ちる人の多くが、この総量規制の対象となっています。

審査を甘くして、高いリスクをとるわけにはいきません。検討すべき3つの消費者金融借入件数が4件以上ともなれば、大手や中小のキャッシング会社では審査が厳しくなってきます。貸す側にすれば、そのような多重債務者への融資はリスクが高くなるからです。どうしてもお金が必要であれば、審査の甘い消費者ローンを探すことになりますが、そう簡単に見つかるものではありません。中には悪質なヤミ金融業者も混じっていますので、正確な選別が必要になります。

2ちゃんねるなどの金融掲示板

大手では審査に落ちるような人でも審査を通して契約数を増やす所もあります。大手はオペレーションの効率性を高めたことで、人件費を減らして高収益構造を構築しました。その一方で、中小はリスクの高い顧客への対面与信を通した労働集約的な収益構造を有しているといっていいでしょう。ヤミ金融でのキャッシングは要注意が必要!!大手と比べると作り自体も陳腐ですし、当然芸能人などは採用していませんが、逆に言えば、ホームページなどを含めて広告費をかけてないということの表れでしょう。

また、レディースキャッシングの方はこれに加えて、確実に融資を受けるには、自分の借入件数に沿った借入先を探すことです。高望みをして審査に落とされてしまえば元も子もありません。自分の背丈に合ったローン会社で審査を受けることこそが、確実に借りるための方法なのです。ユーザーにもありがたいことですが、消費者金融側も対応がシンプルなため、余計な労力と時間を使うことがありません。さて、大手の消費者金融は金融庁からのマークもキツイですし、知名度が高い分、広告費や人件費などにも多額のお金を費やしています。

2ちゃんねるなどの金融掲示板の口コミを見るのも、情報収集に役立ちます。大手消費者金融、カードローンの審査が通らなかった方でも柔軟な審査で対応致します。その一方で、知名度の低い消費者金融はやや事情が違います。広告費などにお金をあまり使わない分、大手とは違う戦略をとります。弱者の戦略と言えば失礼かもしれませんが、大手と同じ手法はとりませんしとれません。

それと、総量規制の問題もあります。但し、過去に債務を不履行にしたブラック対象者や、借り入れ総額が年収の三分の一以上の総量規制対象者などは、審査に通る可能性は低くなります。ヤミ金融などは審査に通るかもしれませんが、高金利ですし取り立ても厳しいのでお奨めできません。そのような大手とは違った戦略をとるのが、中小の消費金融です。さきほど、「大手で借りることが出来るなら、その他の消費者金融で借りるメリットはゼロに等しい」と説明しました。